【保育士試験】人名を語呂合わせで覚えよう(保育の心理学:4)~子どもの発達

※この記事は旧ブログからのお引越し記事です。

保育の心理学の人物を語呂合わせと練習問題で暗記しよう。ヽ(・∀・)ノその4へようこそ

保育の心理学の人物出題は、問題文中に人物を表す何らかのキーワードが含まれてます。文章を読んでキーワードを探し、人物を類推できるように練習しよう( ̄^ ̄)ゞ

覚え方~練習問題(説明)
・【覚え方】は覚え方だよ。変なゴロ合わせもあるけど許してね。(キーワード)→(人物)、(人物)→(キーワード)。両方慣れてね。
・【キーワード】は【覚え方】の後に読んで人物に紐づけて覚えてね。
・【練習問題】は文章から【キーワード】を見つけて(人物)(キーワード)を答える練習だよ。
最後に穴抜き問題を用意しているのでチャレンジしてね。o(・ω・´o)

覚えようヽ(・∀・)ノ

●身体的発達区分の___(シュトラッツ)
【覚え方】
・「伸長期」と「充実期」は「シュトレーゼ」のミルフィーユ状(シュトラッツ)
・「シュトレーゼ」のミルフィーユは「伸長期」と「充実期」の層になっている(伸長期、充実期)
※「シュトレーゼ」はお菓子屋さんです。

【キーワード】身体的発達区分、伸長期、充実期、発達の周期性

【練習問題】
・体重の増加が著しい充実期と、身長の増加が著しい伸長期が交互に現れる(伸長期、充実期、シュトラッツ)

●選好注視法の___(ファンツ)
【覚え方】
・「選考」の段階から「ファンシー」な顔が印象的だった(ファンツ)
・「ファンシー」な顔が印象的な子を「選考」した(選好注視法)

【キーワード】選好注視法、人間の顔

【練習問題】
・視覚的な刺激を乳児が見つめる時間を計測した(選好注視法、ファンツ)
・選考注視法により乳児が人間の顔に好みを持っていることを示した(選好注視法、ファンツ)

●視覚的断崖の___&___(キブソン、ウォーク)
【覚え方】
・ガラス張りの「視覚的断崖」を歩いた「ギブソンウォーク」(歩く)(ギブソン、ウォーク)
・「ギブソンウォーク」が歩いたガラス張りの「視覚的断崖」(視覚的断崖)

【キーワード】視覚的断崖の実験、三次元の知覚

【練習問題】
・ガラス張りの装置の上を乳児にはいはいさせ、母親に声をかけさせ、深い方、浅い方を乳児が歩くかを実験した(視覚的断崖、ギブソン、ウォーク)
・乳児は高さ、奥行、深さなどの三次元の知覚が可能であることを明らかにした(視覚的断崖、ギブソン、ウォーク)

●認知発達理論の___(ピアジェ)
【覚え方】
・「認知発達理論」を「ぴあっと」ひらめいた(ピアジェ)
・「ぴあっと」ひらめいた「認知発達理論」(認知発達理論)

【キーワード】認知発達理論、4つの段階、シェマ
感覚運動的段階、前操作的段階(象徴的試行期、直感的思考期)、具体的操作の段階、形式的操作の段階

【練習問題】
・ものごとの捉え方や理解の仕方を「認知」という。これを発達段階として示した。(認知発達理論、ピアジェ)
・認知の発達には大きく4つの段階がある(認知発達理論、ピアジェ)
・ものごとを理解するしくみ(シェマ、ピアジェ)
・感覚器官からの刺激に対して運動で反応する段階、0~1歳半、2歳ごろ(認知発達理論(感覚運動的段階)、ピアジェ)
・目の前にない事物についてイメージ(表象)を用いて言葉で考えることができる(象徴機能)、1歳半~2、4才ごろ(認知発達理論(前操作的段階・象徴的思考期)、ピアジェ)
・表象化や概念化はできるが推理や判断は知覚的直観に依存している、4~7、8歳ごろ(認知発達理論(前操作的段階・直感的思考期)、ピアジェ)
・具体的な事象であれば、論理的思考や推理ができる、7、8~11、12歳ごろ(認知発達理論(具体的操作の段階)、ピアジェ)
・抽象的、仮設的な事象についても、論理的に考えられる、11、12歳~(認知発達理論(形式的操作の段階)、ピアジェ)

●基本的認知能力の___(サーストン)
【覚え方】
・「基本的」な「認知能力」を「サー」は「ストン」と理解した(サーストン)
・「サー」は「基本的」な「認知能力」を「ストン」と理解した(基本的認知能力)

【キーワード】基本的認知能力

【練習問題】
・言語理解、語の流暢性、語の数、空間的能力などの能力のこと(基本的認知能力、サーストン)
・知能は本能的な調整を抑制したり、個人の利益となるような行動に変える意思の能力である(基本的認知能力、サーストン)

●多重知能理論の___(ガードナー)
【覚え方】
・「多重」にまきつけられた「ガードル」(ガードナー)
・「ガードル」は「多重」に巻き付けられている(多重知能理論)

【キーワード】多重知能理論

【練習問題】
・知能を言語的知能、論理-数学的知能、空間的知能、音楽的知能、身体的-運動感覚的知能、対人的知能、内省的知能、博物的知能の8つの側面でとらえた(多重知能理論、ガードナー)

●内言の___(ウィゴツキー)
【覚え方】
・ぶつぶつと「内言」をひとりごつ「ウィゴツキー」(ウィゴツキー)
・「ウィゴツキー」がぶつぶつと「内言」をひとりごつ(内言)

【キーワード】内言、外言、発達の最近接領域

【練習問題】
・子どもは最初は他者とのコミュニケーションに使う外言を用いる(内言、外言、ウィゴツキー)
・子どもは内言を獲得することにより、言葉を思考の道具として誓えるようになり、黙読ができるようになった(内言、外言、ウィゴツキー)
・発達の最近接領域を見極めて保育する(発達の最近接領域、ウィゴツキー)

●社会的比較の___(フェスティンガー)
【覚え方】
・「社会」を「比較」するなら「フェス」(祭り)を見るといい(フェスティンガー)
・「フェス」(祭り)を見ると「社会」を「比較」できる(社会的比較)

【キーワード】社会的比較、下方比較、上方比較

【練習問題】
・自分を他者と比較することにより自分自身の考えや能力を評価すること(社会的比較、フェスティンガー)
・自尊心が傷つけられないように、自分より下位の水準の人と比較する(社会的比較、下方比較、フェスティンガー)
・自分より上位の人と比較して、その人を目標とする(社会的比較、上方比較、フェスティンガー)

●モラトリアムの___(マーシア)
【覚え方】
・「モラトリアム」の頃は、「まあ、幸せ」だったな(マーシア)
・「まあ、幸せ」だったな、「モラトリアム」の頃は(モラトリアム)

【キーワード】アイデンティティ達成、早期完了(フォークロジャー)、アイデンティティ拡散、モラトリアム
【練習問題】
・エリクソンのアイデンティティの研究に基づいて4つに分類した(モラトリアム、マーシア)
・親や社会から与えられた価値観を打破し、みずからの信念によって行動をとること(アイデンティティ達成、マーシア)
・親や社会の価値観を受け入れること(早期完了(フォークロジャー)、マーシア)
・アイデンティティ達成の途中にいること(モラトリアム、マーシア)
・アイデンティティを達成できない(アイデンティティ拡散、マーシア)

●欲求階層説の___(マズロー)
【覚え方】
・「欲求」に「階層」をつけるのは「まずいだろう」(マズロー)
・「まずいだろう」、「欲求」に「階層」をつけるのは(欲求階層説)

【キーワード】
欲求階層説、生理的欲求、安全の欲求、所属と愛情の欲求、社会的承認の欲求、自己実現の欲求

【練習問題】
・人間には成長欲求があり、自己実現に向かうよう動機づけられている(欲求階層説、マズロー)
・自己実現の欲求には5つの階層があり、部分的にでも下位の欲求がすべて満たされると、最終的には自己実現の欲求が生じる(欲求階層説、マズロー)
・自己実現の欲求は5つの階層があり、下位から「生理的欲求」「安全の欲求」、「所属と愛情の欲求」、「社会的承認の欲求」があり、最終は「自己実現の欲求」である(欲求階層説、マズロー)

●生物学的システムの___(ブロンフェンブレンナー)
【覚え方】
・「生物学的システム」の同心円は「ぶれんなぁ」(ブロンフェンブレンナー)
・「ぶれんなぁ」、「生物学的システム」の同心円は(生物学的システム)

【キーワード】生物学的システム

【練習問題】
・人間の発達はその個人を取り巻く環境からの影響を受けるが、その環境は、さらにその背景にある環境要因の影響を受けるとする考え方に基づいて、人を取り巻く環境を4つの同心円構造で説明した(生物学的システム、ブロンフェンブレンナー)

●生涯発達心理学の___(バルテス)
【覚え方】
・「生涯発達」すれば、人生の「春です」(バルテス)
・「春です」、「生涯発達」すれば(生涯発達心理学)

【キーワード】生涯発達心理学

【練習問題】
・生涯発達心理学の概念を提起し、定着させた(生涯発達心理学、バルテス)
・発達は生涯にわたる変化の過程である。発達は獲得・工場といった上昇的な変化だけでなく、喪失・下降といった衰退的な変化も含む(生涯発達心理学、バルテス)
・人間の一生のどの時点でも変化の可能性がある(生涯発達心理学、バルテス)

●6つの発達段階の___(ハヴィガースト)
【覚え方】
・6つのチーズが乗った「発達」した「硬い」ハンバーグを「ガスト」で食べる(ハヴィガースト)
・「ガスト」で食べる6つのチーズが乗った「発達」した「硬い」ハンバーグ(6つの発達課題)

【キーワード】6つの発達段階、発達課題

【練習問題】
・生涯を乳幼児期から老年期まで6つの段階に区分した(6つの発達段階、ハヴィガースト)
・ある発達段階から次の発達段階へと進むためには、それぞれの段階で達成しておかなければならない課題、発達課題があるとした(6つの発達段階、ハヴィガースト)

ここから穴抜き問題(* ・Д・)/頑張れー!

【覚え方】だよ。順番に行くので、ざーっと確認してね。
(A1)「伸長期」と「充実期」は「___」のミルフィーユ状(人物___)
(A2)「選考」の段階から「___」な顔が印象的だった(人物___)
(A3)ガラス張りの「視覚的断崖」を歩いた「______」(歩く)(人物___、___)
(A4)「認知発達理論」を「___と」ひらめいた(人物___)
(A5)「基本的」な「認知能力」を「__」は「___」と理解した(人物___)
(A6)「多重」にまきつけられた「___」(人物___)

*解答*
(A1)シュトラッツ
(A2)ファンツ
(A3)ギブソン、ウォーク
(A4)ピアジェ
(A5)サーストン
(A6)ガードナー

(A7)ぶつぶつと「内言」をひとりごつ「___」(人物___)
(A8)「社会」を「比較」するなら「___」(祭り)を見るといい(人物___)
(A9)「モラトリアム」の頃は、「__、__」だったな(人物___)
(A10)「欲求」に「階層」をつけるのは「___」(人物___)
(A11)「生物学的システム」の同心円は「___なぁ」(人物___)
(A12)「生涯発達」すれば、人生の「_です」(人物___)
(A13)6つのチーズが乗った「発達」した「硬い」ハンバーグを「___」で食べる(人物___)

*解答*
(A7)ウィゴツキー
(A8)フェスティンガー
(A9)マーシア
(A10)マズロー
(A11)ブロンフェンブレンナー
(A12)バルテス
(A13)ハヴィガースト

(B1)「シュトレーゼ」のミルフィーユは「__期」と「__期」の層になっている(__期、__期)
(B2)「ファンシー」な顔が印象的な子を「__」した(____法)
(B3)「ギブソンウォーク」が歩いたガラス張りの「_____」(____の実験)
(B4)「ぴあっと」ひらめいた「____理論」(____理論)
(B5)「サー」は「___」な「____」を「ストン」と理解した(____能力)
(B6)「ガードル」は「__」に巻き付けられている(____理論)

*解答*
(B1)伸長期、充実期
(B2)選好注視法
(B3)視覚的断崖の実験
(B4)認知発達理論
(B5)基本的認知能力
(B6)多重知能理論

(B7)「ウィゴツキー」がぶつぶつと「__」をひとりごつ(__)
(B8)「フェス」(祭り)を見ると「__」を「__」できる(__的__)
(B9)「まあ、幸せ」だったな、「____」の頃は(______)
(B10)「まずいだろう」、「__」に「__」をつけるのは(____説)
(B11)「ぶれんなぁ」、「____」の同心円は(____システム)
(B12)「春です」、「____」すれば(____心理学)
(B13)「ガスト」で食べる6つのチーズが乗った「__」した「__」ハンバーグ(_つの____)

*解答*
(B7)内言
(B8)社会的比較
(B9)モラトリアム
(B10)欲求階層説
(B11)生物学的システム
(B12)生涯発達心理学
(B13)6つの発達課題

【練習問題】だよ。順不同。練習してね。(__説)と(人物___)を答えてね。

(C1)言語理解、語の流暢性、語の数、空間的能力などの能力のこと(___能力、人物___)
(C2)知能は本能的な調整を抑制したり、個人の利益となるような行動に変える意思の能力である(___能力、人物___)
(C3)エリクソンのアイデンティティの研究に基づいて4つに分類した(___、人物___)
(C4)親や社会から与えられた価値観を打破し、みずからの信念によって行動をとること(___、人物___)
(C5)親や社会の価値観を受け入れること(___、人物___)
(C6)アイデンティティ達成の途中にいること(___、人物___)
(C7)アイデンティティを達成できない(___、人物___)

*解答*
(C1)基本的認知能力、サーストン
(C2)基本的認知能力、サーストン
(C3)モラトリアム、マーシア
(C4)アイデンティティ達成、マーシア
(C5)早期完了(フォークロジャー)、マーシア
(C6)モラトリアム、マーシア
(C7)アイデンティティ拡散、マーシア

(C8)子どもは最初は他者とのコミュニケーションに使う外言を用いる(__、__、人物___)
(C9)子どもは内言を獲得することにより、言葉を思考の道具として誓えるようになり、黙読ができるようになった(__、__、人物___)
(C10)発達の最近接領域を見極めて保育する(___、人物___)
(C11)体重の増加が著しい充実期と、身長の増加が著しい伸長期が交互に現れる(__期、__期、人物___)
(C12)自分を他者と比較することにより自分自身の考えや能力を評価すること(___比較、人物___)
(C13)自尊心が傷つけられないように、自分より下位の水準の人と比較する(___比較、__比較、人物___)
(C14)自分より上位の人と比較して、その人を目標とする(___比較、__比較、人物___)

*解答*
(C8)内言、外言、ウィゴツキー
(C9)内言、外言、ウィゴツキー
(C10)発達の最近接領域、ウィゴツキー
(C11)伸長期、充実期、シュトラッツ
(C12)社会的比較、フェスティンガー
(C13)社会的比較、下方比較、フェスティンガー
(C14)社会的比較、上方比較、フェスティンガー

(C15)ガラス張りの装置の上を乳児にはいはいさせ、母親に声をかけさせ、深い方、浅い方を乳児が歩くかを実験した(___、人物___、___)
(C16)乳児は高さ、奥行、深さなどの三次元の知覚が可能であることを明らかにした(___、人物___、___)
(C17)視覚的な刺激を乳児が見つめる時間を計測した(____法、人物___)
(C18)選考注視法により乳児が人間の顔に好みを持っていることを示した(____法、人物___)
(C19)生涯を乳幼児期から老年期まで6つの段階に区分した(_つの____、人物___)
(C20)ある発達段階から次の発達段階へと進むためには、それぞれの段階で達成しておかなければならない課題、発達課題があるとした(_つの____、人物___)

*解答*
(C15)視覚的断崖、ギブソン、ウォーク
(C16)視覚的断崖、ギブソン、ウォーク
(C17)選好注視法、ファンツ
(C18)選好注視法、ファンツ
(C19)6つの発達段階、ハヴィガースト
(C20)6つの発達段階、ハヴィガースト

(C21)ものごとの捉え方や理解の仕方を「認知」という。これを発達段階として示した。(___理論、人物___)
(C22)認知の発達には大きく4つの段階がある(___理論、人物___)
(C23)ものごとを理解するしくみ(___、人物___)
(C24)感覚器官からの刺激に対して運動で反応する段階、0~1歳半、2歳ごろ(認知発達理論(___段階)、人物___)
(C25)目の前にない事物についてイメージ(表象)を用いて言葉で考えることができる(象徴機能)、1歳半~2、4才ごろ(認知発達理論(___段階・___思考期)、人物___)
(C26)表象化や概念化はできるが推理や判断は知覚的直観に依存している、4~7、8歳ごろ(認知発達理論(___段階・___思考期)、人物___)
(C27)具体的な事象であれば、論理的思考や推理ができる、7、8~11、12歳ごろ(認知発達理論(___の段階)、人物___)
(C28)抽象的、仮設的な事象についても、論理的に考えられる、11、12歳~(認知発達理論(___の段階)、人物___)
(C29)人間の発達はその個人を取り巻く環境からの影響を受けるが、その環境は、さらにその背景にある環境要因の影響を受けるとする考え方に基づいて、人を取り巻く環境を4つの同心円構造で説明した(____システム、人物___)
(C30)知能を言語的知能、論理-数学的知能、空間的知能、音楽的知能、身体的-運動感覚的知能、対人的知能、内省的知能、博物的知能の8つの側面でとらえた(____理論、人物___)

*解答*
(C21)認知発達理論、ピアジェ
(C22)認知発達理論、ピアジェ
(C23)シェマ、ピアジェ
(C24)認知発達理論(感覚運動的段階)、ピアジェ
(C25)認知発達理論(前操作的段階・象徴的思考期)、ピアジェ
(C26)認知発達理論(前操作的段階・直感的思考期)、ピアジェ
(C27)認知発達理論(具体的操作の段階)、ピアジェ
(C28)認知発達理論(形式的操作の段階)、ピアジェ
(C29)生物学的システム、ブロンフェンブレンナー
(C30)多重知能理論、ガードナー

(C31)生涯発達心理学の概念を提起し、定着させた(___学、人物___)
(C32)発達は生涯にわたる変化の過程である。発達は獲得・工場といった上昇的な変化だけでなく、喪失・下降といった衰退的な変化も含む(___学、人物___)
(C33)人間の一生のどの時点でも変化の可能性がある(___学、人物___)
(C34)人間には成長欲求があり、自己実現に向かうよう動機づけられている(___説、人物___)
(C35)自己実現の欲求には5つの階層があり、部分的にでも下位の欲求がすべて満たされると、最終的には自己実現の欲求が生じる(___説、人物___)
(C36)自己実現の欲求は5つの階層があり、下位から「生理的欲求」「安全の欲求」、「所属と愛情の欲求」、「社会的承認の欲求」があり、最終は「自己実現の欲求」である(___説、人物___)

*解答*
(C31)生涯発達心理学、バルテス
(C32)生涯発達心理学、バルテス
(C33)生涯発達心理学、バルテス
(C34)欲求階層説、マズロー
(C35)欲求階層説、マズロー
(C36)欲求階層説、マズロー

おしまい!お疲れ様。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜頑張りました♪

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大