【保育士試験】人物の問題はどんなふうに出る?暗記のポイントを押さえておこう。(保育の心理学)

※この記事は【旧ブログ】のお引越し記事です。

保育の心理学の実際の試験問題でどのように人物問題が出てくるのか見ておきたいと思います。
実際にどのように問題として出されるかを見ておいて、効率的に暗記しましょうヽ(*´∇`)ノ

引っ越しついでに、直前の平成30年前期の試験の分もアップデートしたいと思います。

暗記のポイント

①人物に関するキーワードを暗記する。
②研究内容について少し深く理解する。

①は暗記するなら最低限おさえる所。文章にキーワードが出てきたら、人物が答えられる。逆も同じ。
②は①だけだと少し難しい問題に備えます。キーワードの暗記と一緒にうっすらでも内容を理解したほうが正解に結び付きます。①を基礎にして、②を心がけるイメージです。

では試験問題を見てみよう。問題は、H30年度(2018)前期、H29年度(2017)前期・後期試験を参考にしています。

問題数

保育の心理学20問のうち、純粋に人物名を答える問題は1問ぐらい。他に、研究の内容に関する問や、選択肢として紛れているのが1~2問程度。

H30前期

人物名を選ぶ問題

純粋に「これだ~れだ?」っていう問題はH30前期では出なかったですね。ちょっと残念。

人物の研究の内容を答える問題

問1

(A)~(D)の〇×を答えよ。

ブロンフェンブレンナーは~(中略)
第一層は~(Aマイクロシステム)
第二層の~(Bエクソシステム)
第三層の~(Cメゾシステム)
第四層の~(Dマクロシステム)

(A,B,C,D)=(〇,×,×,〇)

BとCが逆ですね。「マメ・エマ」の順。

問4

ジェンセンは、心身の諸特徴の(ア)が顕在化するのに必要な(イ)の質や量は、
その特性によってそれぞれ違いがあり、~(中略)~特性Bは、(ウ)などがこれにあたり、中程度の環境条件が閾値となるものである。特性Cは、環境条件にほぼ比例して発達の可能性が顕在化するもので、(エ)などがこれにあたる。

ーーグラフありーー

ア 遺伝的可能性
イ 環境条件
ウ 知能検査の成績
エ 学業成績

H29前期

人物名を選ぶ問題

問3

次の記述に該当する人物として正しいものを一つ選びなさい。
・人間の発達では、初めに社会的関係があり、それが内面化すると考えた。
・他社とのコミュニケーションに用いる言葉を外言とした。
・子供の独言は、自分の思考のための言葉になる移行過程であると捉えた。

1.ワロン
2.ボゥルビィ
3.ガードナー
4.ロスバート
5.ヴィゴツキー

答え:5.

ポイント:キーワード「外言」「独言」で「ヴィゴツキー」と分かります♪

人物の研究の内容を答える問題

問7

次の文は、学童期の知的発達についての記述である。次の(a)~(d)に該当する用語を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを選びなさい。

ピアジェは、子どもの発達のなかで、(a.数、重さ、体積などの保存が獲得される時期)を示した。例えば、(b.子どもが見ている前で、球状の粘土をソーセージ形などに変える実験)を行った。
この時期には様々な思考活動に可逆性や相補性が加わり、(c.物の分類、順序づけに必要な操作)が発達し、次に(d.抽象的・論理的な操作が可能となる時期)へと向かう。

【語群】
ア 形式的操作期 イ 具体的操作期 ウ 密度の保存 エ 重さの保存 オ 群生体 カ 同化

答え:a,b,c,d→イ,エ,オ,ア

ポイント:落ち着いて考えると、読解力でもなんとかなる。ピアジェの「具体的操作期」「形式的操作期」がどういうものなのか少しでも知っておくと早い。

問15

次の文は、レディネスに関する記述である。適切な記述を〇、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A.レディネスとは、学習の成立にとって必要な個体の発達的素地、心身の準備性を意味する。
B.レディネスの形成には、成熟要因と学習要因の両者がともに関連すると考えられるようになってきている。
C.ゲゼルによる成熟優位説のレディネス観は、かつての「待ちの教育」に影響を及ぼした。
D.教育の力でレディネスそのものをつくりだすためには、教育は早ければ早いほど良いと考えられている。

答え:A,B,C,D→〇,〇,〇,×

ポイント:これは「ゲゼル」に関するキーワード「成熟」「レディネス=心身の準備性」あたりが覚えられていればほぼ間違えない。Dは早ければ早いほどいいなんて聞いたことがないので常識的に×だけど、ゲセルが「レディネスを待って教育するのがいいよ」って言っていた内容までぼんやり理解していると早い。

H29後期

人物名を選ぶ問題

問4

発達には、発達の方向を社会化ととらえる考え方がある。この考え方と対照的な次の説を提唱した人物として正しいものを一つ選びなさい。

「人間の発達では、まず初めに社会的関係があり、それが内面化し、心的機能に転化する。」

1.ハヴィガースト
2.ヴィゴツキー
3.レヴィン
4.ブロンフェンブレンナー
5.バルテス

答え:2.

ポイント:なんと前期・後期連続のヴィゴツキー。しかも「外言」とか特徴的なキーワードが出てこない。
少し踏み込んで「まず初めに社会的関係があり、それが内面化し」あたりを覚えてないと即答できない問題ですね。でも2期連続の出題ってあるんですねぇ。

選択肢に人物が紛れている問題

問5

正誤の組み合わせを問う問題。人物の問だけ抜粋。
A マーシアは、学童期を心理・性的発達段階の第四段階である潜伏期としており、この時期は心理的問題が見られにくいと述べた。

答え:×

ポイント:キーワードだけで分かる「潜伏期」=「フロイト」だから、マーシアが×。
どうでしょうか?キーワードをしっかり押さえて、なおかつ少しだけ踏み込んで覚えていくと人物問題の正解が近くなりそうヽ(´・∀・`)ノガンバロー

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大