【保育士試験】保育所保育指針の暗記のお供♪その(2)~保育の目標から社会的責任まで

今日は前回の保育所保育指針第一章、「総則」「保育所の役割」につづく、「保育の目標」からですヽ(*´∇`)ノ

暗記のお友ということで、ライトな「ちょっと穴!抜き」問題と、暗記前提の「ほぼ穴!抜き」にトライします。

2018年4月の筆記試験が終わったので、保育所保育指針は最新版(29年度告示)に更新しました。次の2018年10月[後期]の筆記から対応版です。ご安心を。

一応、宣言していた、4月試験前の最後の記事です。お忙しい所見ていただいてありがとうございます(≧▽≦)/

試験前にもうちょっと出すかもしれないですが、直前は自分の慣れたテキストなど見直す方も多いかと思いますので、余裕があったら見に来てください♪

ここでちょっと念のためヽ(*´∇`)ノ

(問)教育の5領域は?

(答え)「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」

はい!健康 ニンジン 缶 コー ヒー

オッケーでーすミ(・∀・ )彡カンペキ

では、保育所保育指針の暗記のお供に行きま~す。

「ちょっと穴!抜き」問題です

(2)保育の目標

(2)保育の目標

ア 保育所は、子どもが生涯にわたる__1__にとって極めて重要な時期に、その__2__の大半を過ごす場である。このため、保育所の保育は、子どもが_3_を最も__4__、望ましい_5_を__6__力の基礎を培うために、次の目標を目指して行わなければならない。


*解答*
1.人間形成
2.生活時間
3.現在
4.よく生き
5.未来
6.作り出す

(ア)十分に_1_の行き届いた_2_の下に、__3__雰囲気の中で子供の様々な_4_を満たし、__5__及び__6__を図ること。


*解答*
1.養護
2.環境
3.くつろいだ
4.欲求
5.生命の保持
6.情緒の安定

(イ)_1_、_2_など生活に必要な_3_的な_4_や_5_を養い、__6__の基礎を培うこと。


*解答*
1.健康
2.安全
3.基本
4.習慣
5.態度
6.心身の健康

(ウ)__1__の中で、人に対する_2_と_3_感、そして_4_を大切にする心を育てるとともに、_5_、_6_及び_7_の態度を養い、_8_性の芽生えを培うこと。


*解答*
1.人との関わり
2.愛情
3.信頼
4.人権
5.自主
6.自立
7.協調
8.道徳

(エ)_1_、_2_及び_3_の事象についての_4_や_5_を育て、それらに対する豊かな_6_や_7_力の芽生えを培うこと。


*解答*
1.生命
2.自然
3.社会
4.興味
5.関心
6.心情
7.思考

(オ)生活の中で、_1_への興味や関心を育て、_2_たり、_3_たり、__4__しようとするなど、言葉の_5__を養うこと。


*解答*
1.言葉
2.話し
3.聞い
4.相手の話を理解
5.豊かさ

(カ)様々な_1_を通して、豊かな_2_や_3_力をはぐくみ、_4_性の芽生えを培うこと。


*解答*
1.体験
2.感性
3.表現
4.創造

イ 保育所は入所する子どもの保護者に対し、その_1_を受け止め、子どもと保護者の__2__関係に配慮し、保育所の_3_や保育士等の_4_性を生かして、その_5_に当たらなければならない。


*解答*
1.意向
2.安定した
3.特性
4.専門
5.援助

(3)保育の方法

(3)保育の方法

保育の目標を達成するために、保育士等は、次の事項に留意して保育しなければならない。

ア 一人一人の子どもの_1_や家庭及び地域社会での__2__を把握するとともに、子どもが_3_感と_4_感をもって活動できるよう、子どもの_5_としての_6_や_7_を受け止めること。


*解答*
1.状況
2.生活の実態
3.安心
4.信頼
5.主体
6.思い
7.願い

イ 子どもの__1__を大切にし、_2_、_3_で__4__した生活ができる環境や、_5_を十分に発揮できる環境を整えること。


*解答*
1.生活リズム
2.健康
3.安全
4.情緒の安定
5.自己

ウ 子どもの_1_について理解し、一人一人の__2__に応じて保育すること。その際、子どもの_3__に十分配慮すること。


*解答*
1.発達
2.発達過程
3.個人差

エ 子ども相互の__1__や__2__する心を大切にし、_3_における活動を効果あるものにするよう援助すること。


*解答*
1.関係づくり
2.互いに尊重する
3.集団

オ 子どもが_1_的・_2_的に関われるような_3_を構成し、子どもの_4_的な活動や__5__を大切にすること。特に、_6__期にふさわしい体験が得られるように、_7_や_8_を通して_9_的に保育すること。


*解答*
1.自発
2.意欲
3.環境
4.主体
5.子ども相互の関わり
6.乳幼児
7.生活
8.遊び
9.総合

カ 一人一人の保護者の_1_やその_2_を理解、受容し、それぞれの__3__や__4__等に配慮しながら、__5__をとらえ、_6_に援助すること。


*解答*
1.状況
2.意向
3.親子関係
4.家庭生活
5.様々な機会
6.適切

(4)保育の環境

(4)保育の環境

保育の環境には、保育士等や子どもなどの_1_環境、施設や遊具などの_2_環境、更には__3__の事象などがある。保育所は、こうした人、物、場などの環境が_4_に関連し合い、子どもの_5_が豊かなものとなるよう、次の事項に留意しつつ、_6_的に環境を構成し、_7_して保育しなければならない。


*解答*
1.人的
2.物的
3.自然や社会
4.相互
5.生活
6.計画
7.工夫

ア 子ども自らが環境に関わり、_2_的に活動し、様々な_3_を積んでいくことができるよう配慮すること。

*解答*
1.自発
2.経験

イ 子どもの活動が豊かに展開されるよう、保育所の_1_や_2_を整え、保育所の__3_環境や__4__などに努めること。


*解答*
1.設備
2.環境
3.保健的
4.安全の確保

ウ 保育室は、__1__と__2__の場となるとともに、__3__できる場となるように配慮すること。


*解答*
1.温かな親しみ
2.くつろぎ
3.生き生きと活動

エ 子どもが__1__力を育てていくため、__2__が周囲の__3_や_4_と関わっていくことができる環境を整えること。


*解答*
1.人と関わる
2.子ども自ら
3.子ども
4.大人

(5)保育所の社会的責任

(ア)保育所は、子どもの_1_に十分_2_するとともに、子ども一人一人の_3_を_4_して保育を行わなければならない。


*解答*
1.人権
2.配慮
3.人格
4.尊重

(イ)保育所は、地域社会との_5_や_6_を図り、保護者や地域社会に、当該保育所が行う保育の_7_を適切に_8_するよう___9___。


*解答*
1.交流
2.連携
3.内容
4.説明
5.努めなければならない

(ウ)保育所は、入所する子ども等の__1__を適切に取り扱うとともに、保護者の_2_などに対し、その_3_を図るよう___4___。


*解答*
1.個人情報
2.苦情
3.解決
4.努めなければならない

「ほぼ穴!抜き」に挑戦

(2)保育の目標

(2)保育の目標

ア 保育所は、子どもが____________時期に、_________場である。このため、保育所の保育は、子どもが_________________ために、次の目標を目指して行わなければならない。

*解答*
ア 保育所は、子どもが生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごす場である。このため、保育所の保育は、子どもが現在を最もよく生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培うために、次の目標を目指して行わなければならない。

(ア)十分に_______環境の下に、______の中で_________、____________を図ること。

*解答*
(ア)十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子供の様々な欲求を満たし生命の保持及び情緒の安定を図ること。

(イ)健康、_________を養い、_________培うこと。

*解答*
(イ)健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎をを培うこと。

(ウ)人との関わりの中で、_________を育てるとともに、_________を養い、______を培うこと。

*解答*
(ウ)人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。

(エ)生命、________を育て、それらに対する___________を培うこと。

*解答*
(エ)生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うこと。

(オ)生活の中で、_______を育て、____________とするなど、______を養うこと。

*解答*
(オ)生活の中で、言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養うこと。

(カ)様々な体験を通して、______を育み、______を培うこと。

*解答*
(カ)様々な体験を通して、豊かな感性や表現力を育み、創造性の芽生えを培うこと。

イ 保育所は_________に対し、その______、_____________に配慮し、__________を生かして、その______なければならない。

*解答*
イ 保育所は入所する子どもの保護者に対し、その意向を受け止め子どもと保護者の安定した関係に配慮し、保育所の特性や保育士等の専門性を生かして、その援助に当たらなければならない。

(3)保育の方法

(3)保育の方法

保育の目標を達成するために、保育士等は、次の事項に留意して保育しなければならない。

ア 一人一人の___________するとともに、子どもが____~____こと。

*解答*
ア 一人一人の子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の実態を把握するとともに、子どもが安心感と信頼感をもって活動できるよう、子どもの主体としての思いや願いを受け止めること。

イ 子どもの生活リズムを大切にし、__________ができる環境や、_________を整えること。

*解答*
イ 子どもの生活リズムを大切にし、健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境や、自己を十分に発揮できる環境を整えること。

ウ 子どもの発達について理解し、___________。その際、________。

*解答*
ウ 子どもの発達について理解し、一人一人の発達過程に応じて保育すること。その際、子どもの個人差に十分配慮すること

エ 子ども相互の関係づくりや_______を大切にし、____~____。

*解答*
エ 子ども相互の関係づくりや互いに尊重する心を大切にし、集団における活動を効果あるものにするよう援助すること

オ 子どもが__的・__的に______を構成し、子どもの____________を大切にすること。特に、___________、__________。

*解答*
オ 子どもが自発的・意欲的に関われるような環境を構成し、子どもの主体的な活動や子ども相互の関わりを大切にすること。特に、乳幼児期にふさわしい体験が得られるように、生活や遊びを通して総合的に保育すること

カ 一人一人の保護者_________、それぞれの____~____。

*解答*
カ 一人一人の保護者の状況やその意向を理解、受容し、それぞれの親子関係や家庭生活等に配慮しながら、様々な機会をとらえ、適切に援助すること

(4)保育の環境

(4)保育の環境

保育の環境には、____~____などがある。保育所は、____~____しなければならない。

*解答*
保育の環境には、保育士等や子どもなどの人的環境、施設や遊具などの物的環境、更には自然や社会の事象などがある。保育所は、こうした人、物、場などの環境が相互に関連し合い、子どもの生活が豊かなものとなるよう、次の事項に留意しつつ、計画的に環境を構成し、工夫して保育しなければならない。

ア 子ども自らが____~____ことができるよう配慮すること。

*解答*
ア 子ども自らが環境に関わり、自発的に活動し、様々な経験を積んでいくことができるよう配慮すること。

イ 子どもの活動が豊かに展開されるよう、____~____に努めること。

*解答*
イ 子どもの活動が豊かに展開されるよう、保育所の設備や環境を整え、保育所の保健的環境や安全の確保などに努めること

ウ 保育室は、________となるとともに、________となるように配慮すること。

*解答*
ウ 保育室は、温かな親しみとくつろぎの場となるとともに、生き生きと活動できる場となるように配慮すること。

エ 子どもが人と関わる力を育てていくため、____~____。

*解答*
エ 子どもが人と関わる力を育てていくため、子ども自らが周囲の子どもや大人と関わっていくことができる環境を整えること

(5)保育所の社会的責任

(ア)保育所は、子どもの人権に____~____。

*解答*
(ア)保育所は、子どもの人権に十分配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して保育を行わなければならない

(イ)保育所は、地域社会との____~____。

*解答*
(イ)保育所は、地域社会との交流や連携を図り、保護者や地域社会に、当該保育所が行う保育の内容を適切に説明するよう努めなければならない

(ウ)保育所は、入所する子ども等の____~____。

*解答*
(ウ)保育所は、入所する子ども等の個人情報を適切に取り扱うとともに、保護者の苦情などに対し、その解決を図るよう努めなければならない

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大