【保育士試験】新しい保育所保育指針「2章ねらい」を覚えよう♪その(1)

こんにちは、前期明けでまったり(*´ω`)している方も、GWにしっかり勉強o(・ω・´o)している方も、見に来ていただいてありがとうございます\(^o^)/

今日は新しい保育所保育指針の「2章ねらい」を覚えようのその(1)です。

前期で保育所保育指針が出る科目終わっちゃったよ~という方も、のちのち

「新旧の指針、一応どちらも知ってます~。」

って言えるのもいいかなと思うのでにさらっ~と見てみてね♪

2章は

その(1)冒頭部分「ねらい・内容・養護・教育」
その(2)何のねらいか答えよう
その(3)最後部分「留意事項」

の3本立てで行きたいと思います\(^o^)/多分。

ねらい・内容・養護・教育

では、冒頭で述べられる「ねらい」「内容」「養護」「教育」とはの定義から。

ねらい

「ねらい」は、(省略)保育の目標をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、保育を通じて育みたい資質・能力を、子どもの生活する姿から捉えたものである。

*穴抜きに挑戦*
「ねらい」は、(省略)保育の_1_をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、_2_を通じて育みたい_3_・_4_を、子どもの_5_する姿から捉えたものである。

*解答*
1.目標
2.保育
3.資質
4.能力
5.生活

内容

「内容」は、「ねらい」を達成するために、子どもの生活やその状況に応じて保育士等が適切に行う事項と、保育士等が援助して子どもが環境に関わって経験する事項を示したものである。

*穴抜きに挑戦*
「内容」は、「_1__」を達成するために、子どもの生活やその状況に応じて保育士等が適切に行う事項と、保育士等が_2_して子どもが_3_に関わって_4_する事項を示したものである。

*解答*
1.ねらい
2.援助
3.環境
4.経験

養護

保育における「養護」とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりであり、

*穴抜きに挑戦*
保育における「養護」とは、子どもの__1の__及び__2の__を図るために保育士等が行う_3_や関わりであり、

*解答*
1.生命の保持
2.情緒の安定
3.援助

教育

「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助である。

*穴抜きに挑戦*
「教育」とは、子どもが_1__に成長し、その活動がより豊かに展開されるための__2の__である。

*解答*
1.健やか
2.発達の援助

最後の部分

本章では、保育士等が、「ねらい」及び「内容」を具体的に把握するため、主に教育に関わる側面からの視点を示しているが、実際の保育においては、養護と教育が一体となって展開されることに留意する必要がある。

*穴抜きに挑戦*
本章では、保育士等が、「ねらい」及び「内容」を具体的に把握するため、主に_1_に関わる側面からの視点を示しているが、実際の保育においては、養護と教育が_2_となって展開されることに留意する必要がある。

*解答*
1.教育
2.一体

旧指針との相違

冒頭部分って、あまり旧指針と相違がないなぁと思ったのですが、ささやかな違いが2点。気になる人だけ読んでねヽ(´・∀・`)ノ

・「ねらい」がちょっと違う。

「ねらい」は、(省略)保育の目標をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、保育を通じて育みたい資質・能力を、子どもの生活する姿から捉えたものである。

※【旧指針では】※
「ねらい」は、(省略)保育の目標をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、保育士等が行わなければならない事項及び子どもが身に付けることが望まれる心情、意欲、態度などの事項を示したものである。

・最後がシンプルになった

旧指針では最後に五領域など、ごにょごにょと追加で述べられているのですが、新指針ではサクッと消えて、結びはシンプルになりました。

練習問題(1)穴抜きまとめ

冒頭部分全てです。つなぎの文言なども含めて、省略なしで載せていますp(・∩・)q

この章に示す「ねらい」は、第一章の1の(2)に示された保育の_1_をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、_2_を通じて育みたい_3_・_4_を、子どもの_5_する姿から捉えたものである。

*解答*
1.目標
2.保育
3.資質
4.能力
5.生活

また「内容」は、「_1__」を達成するために、子どもの生活やその状況に応じて保育士等が適切に行う事項と、保育士等が_2_して子どもが_3_に関わって_4_する事項を示したものである。

*解答*
1.ねらい
2.援助
3.環境
4.経験

保育における「養護」とは、子どもの__1の__及び__2の__を図るために保育士等が行う_3_や関わりであり、

*解答*
1.生命の保持
2.情緒の安定
3.援助

「教育」とは、子どもが_1__に成長し、その活動がより豊かに展開されるための__2の__である。

*解答*
1.健やか
2.発達の援助

本章では、保育士等が、「ねらい」及び「内容」を具体的に把握するため、主に_1_に関わる側面からの視点を示しているが、実際の保育においては、養護と教育が_2_となって展開されることに留意する必要がある。

*解答*
1.教育
2.一体

練習問題(2)何の定義か答えよう

「ねらい」「内容」「養護」「教育」のどの説明か答えてね。順不同で~す。

(A1)「__」は、「ねらい」を達成するために、子どもの生活やその状況に応じて保育士等が
適切に行う事項と、保育士等が援助して子どもが環境に関わって経験する事項を示したものである。

(A2)「__」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助である。

(A3)「__」は、(省略)保育の目標をより具体化したものであり、子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように、保育を通じて育みたい資質・能力を、子どもの生活する姿から捉えたものである。

(A4)「__」とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりであり、

*解答*
(A1)内容
(A2)教育
(A3)ねらい
(A4)養護

おしまい!お疲れ様。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜頑張りました♪

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大